納骨堂と教師講師

納骨堂と教師講師2

職業と仕事

納骨堂と教師講師2

幼稚園教員

幼稚園教員とは?
幼稚園教員は、幼稚園で、子供たちの心身の発達を促すための教育を行うのが仕事である。
幼稚園教員になるには?
大学、短大、専門学校で学び、幼稚園教論免許状を取得する必要がある。

小学校教員

小学校教員とは?
小学校教員は、学級担任を務め、国語、算数、理科、社会をはじめとする9科目すべての教科を教えるのが特徴である。
小学校教員になるには?
大学、短大等で学び、教論免許を取得する試験に合格すれば採用候補者名に掲載されるが必ずしも採用されるわけでなはい。
小学校教員の業態など
勤務する場合は、全国にある国立(73校)、公立(約2万4400校)、私立(172校)の小学校。

中学校教員

中学校教員とは?
中学校に勤務して、中学生の教育・指導に当たる。小学校教員と異なる点は、特定の教科を担当し、学級担任の仕事を受け持つ。
中学校教員になるには?
中学校教員免許状は、各教科に分かれており、大学院、大学、短期大学などで所定の単位を修得することが必要。
中学校教員の業態など
国立、私立の教員は少なく、大部分が公立中学校で働いている。

高等学校教員

高等学校教員とは?
中学校までの義務教育を終えた生徒たちに、さらに高度で専門的な教育・指導を行う。
高等学校教員になるには?
高等学校教論の普通免許状、特別免許状、臨時免許状のいずれかが必要。
高等学校教員の業態など
中学校に比べて学習内容が専門化するため、校内の教員だけでは不十分な教科が出る場合もあり、校外の専門家に兼務教員として依頼することもある。


納骨堂と教師講師TOPに戻る