納骨堂と教師講師

納骨堂と教師講師4

職業と仕事

納骨堂と教師講師4

自動車教習所教習指導員

自動車教習所教習指導員とは?
自動車教習所教習指導員は、運転免許取得のために、安全運転に必要な技能の教習と、道路交通法 規や安全運転の知識の学科教習を行う。
自動車教習所教習指導員になるには?
高卒以上。21歳以上で、教習指導員資格者証が必要。多くは指定教習所に勤務しながら講習を受け、公安委員会の教習指導員審査を受ける。交通法令違反者は、3年間は指導員になれない。
自動車教習所教習指導員の現状など
自動車教習所で働く。絶対数は少ないが、経験を積めば独立も不可能ではない。

予備校教師

予備校教師とは?
予備校において学習指導及び進学指導に当たると共に、採点、指導案の作成等を行う。
予備校教師になるには?
予備校教師になるために、特に必要な学歴資格はない。しかし、大学受験を目的とした人を教えることから大卒、大学院卒程度の知識が必要。
予備校教師の業態など
少子化の影響で予備交間の競争も激化しており、予備校教師の需要も横ばいである。

各種学校教員

各種学校教員とは?
各種学校で、看護や調理、珠算などの専門教育などを行う。専門学校の年間最低授業時数は800時間だが各種学校は680時間以上と定められている。
各種学校教員になるには?
担当する教育に関する専門的な知識または技能に関し、文部大臣の定める資格を持つ必要がある。
各種学校教員の業態など
各種学校に勤務する。

塾経営

塾経営とは?
主に子供の基礎学力をつけさす、入試合格させるために勉強を教える。国語・算数・英語が三本柱となる。良い講師を雇えるかが鍵となる。
塾経営の業態など
フランチャイズ制のところも多い。場所があれば安く開業できる。


納骨堂と教師講師TOPに戻る