納骨堂と教師講師

納骨堂と教師講師6

職業と仕事

納骨堂と教師講師6

職業訓練指導員

職業訓練指導員とは?
高等学校卒業者や在職者、新たな職業に就く人が訓練する訓練施設で、専門課程の職業訓練や職業 能力をつけるのが職業訓練指導員の仕事である。
職業訓練指導員になるには?
職業訓練指導員免許が必要。労働省所管の職業能力開発大学校(4年制)を経るのが最短コース。一般大学工学部卒業後、高等学校教論免許を取得し、申請して免許を得ることもできる。
職業訓練指導員の業態など
国や都道府県が運営する「公共職業能力開発施設」(公務員)、法人が都道府県知事の認定を受けて運営する「認定職業訓練施設」がある。

矯正指導員

矯正指導員とは?
刑務所、拘置所、少年院、監護所、少年鑑別所などにおいて犯罪者、非行少年などに対し教育・指導を行い矯正、更正させることに努める。
矯正指導員になるには?
矯正指導員になるために、特に必要な学歴、資格はない。しかし、法務省職員となるため、国家公務員試験に合格する必要がある。
矯正指導員の業態など
近年犯罪の増加に伴い、矯正施設は収容率が100%を超え、過剰収容時代となっている。

社会教育主事

社会教育主事とは?
社会教育行政に関する企画・実施及び専門的な助言と指導を行う、社会教育に関する専門的教育職 員である。
社会教育主事になるには?
大学・大学院。高専校。地方公務員・教員採用試験に合格し採用される事が前提。資格取得には4つの方法があり、詳しくは都道府県教育委員会教育課などにお問い合わせ。
社会教育主事の業態など
地方公務員。学校教員からの任用、教育委員会の一般職からの任用が多い。


納骨堂と教師講師TOPに戻る